本06刑事裁判の歴史において、裁判員制度の導入は非常に重要なものとしてとらえられています。これまでは、司法修習を終えた裁判官がすべての裁判の判決に携わってきましたが、世間一般の間隔とは大きくかけ離れた判決を出す裁判官が後を絶たなかったこともあり、重大な事件に限って裁判員を利用することがはじまりました。裁判員制度は、創設されて間もない制度ではあるために、様々なトラブルに発展をすることが予想されています。特に、会社を休むことができなかったり、審理中にトラウマを負ってしまう裁判員も相次いで発生しており、大きな変更が余儀なくされる状況にあります。裁判員制度のメリットやデメリットについては、テレビ番組などでも大々的に討論が行われるようになっており、司法関係者はもちろんのこと一般の国民にとっても非常に需要な関心ごとのひとつとなりつつあります。刑事事件の発生件数は年々減少傾向にあるといわれていますが、殺人や放火などの被告人の判決をどのように決めるかといったことについては、裁判官の良心だけでは判断が難しいところがあります。そのため、これからも裁判員制度の必要性などについて、あらゆる方面からの活発な議論が行われることが期待されます。