導入する利点

| 未分類 |

手紙02近年この日本では裁判員制度が導入をされ、誰しもが裁判員として裁判に参加する可能性を持つこととなりました。もちろん一定の理由により裁判の参加を免除される場合もあるので絶対的なものではありませんが、この制度がスタートしたことによって日本の裁判制度は大きく変わったのです。
これまで裁判にはいくつかの問題点がありました。大変な時間がかかりなかなか審理が進まないということの他にも、社会一般の価値観やごく普通の人の感覚とは大きく離れた判決が出ているという非難もあったのです。したがってそのような問題を失くす目的も含め、この制度がスタートしたのです。
裁判員裁判には様々な利点があります。国民が裁判に参加することで有罪か無罪かの判断をすることに加えて、場合によってはその量刑を決めることもあります。このようなことを通してその判決理由に一般社会の常識や価値観というものが取り入れられるようになったのです。国民の意思が反映されたものとなるので、国民の裁判所に対する信頼感もアップすることとなりました。
またこれまでは法律や裁判というものに対してなかなか触れる機会がなかった人もこの制度がスタートしたことにより、法や司法を身近に感じることができるようになりました。